熊本の探偵なら西日本リサーチ > (2) 探偵からのためになる情報 > 離婚問題 > 浮気が原因の離婚裁判では証拠が必須

浮気が原因の離婚裁判では証拠が必須

投稿日:2018/11/15

浮気が原因で離婚したい。慰謝料をとりたい。親権をとりたい。
そう思い裁判となった時、
パートナーの浮気・不貞の事実があり、離婚を請求する場合には証拠や証人が必要です。
パートナーが浮気・不貞の事実を否定した場合、請求する側がその有責事由の証明をしなければ、裁判所としては「事実はない」と判決せざるを得なくなってしまうからです。

例えば、「浮気の相談を聞いていた友人」、「家族会議等で話を聞いていた親族」は、伝聞を聞いただけということになり、証人としての価値が低い為、裁判自体に呼ばれない可能性が高いです。

やはり裁判ではまず証拠が必須です。
浮気・不貞の事実があった場合には、複数回の証拠が必要となりますので、まずは、浮気相手の情報や、パートナーの行動パターンを探偵に伝えて、証拠集めと、裁判で有力な調査報告書の作成を探偵事務所に依頼しておく。自分で出来ることとしては、もし暴言があった場合は録音しておく。暴力があった場合は医師の診断書をためておく。あくまで自宅では通常を装う。(調査していることを感ずかれてはいけません)
証拠が揃った上で請求し、裁判に挑むことで勝率がぐんと上がります。そして万が一、裁判で調査報告書に関することで証人が必要となった場合は探偵事務所から調査員を証人として調停に立ち証言することもあります。
同じ第三者でも、伝聞とは異なる為有力となります。

弁護士に依頼して裁判を起こすこと自体、金銭的にも精力的にも容易なことではありません。
裁判となるからには、必ず勝ちたいですよね。
探偵社としても勝っていただきたいと強く思い調査しておりますので、お任せ頂ければと思います。

是非、参考にされてください。

*******************************************************
熊本での浮気調査は「西日本リサーチ」までご連絡下さい。
熊本市中央区南熊本5丁目10番28号 1階
0120-252-444
https://eagle-eye.co.jp
********************************************************

西日本リサーチへ。まずは無料相談を

探偵調査をお考えの方へ。まずは無料相談を

探偵調査なら西日本リサーチへ。
まずはお悩みやお困りごとを詳しくお聞かせください。
そのうえで、調査方法の検討および御見積を行います(無料)
完全予約制となりますのでまずはお電話にてご予約をお願いいたします。

西日本リサーチグループ
熊本 本店 熊本市中央区南熊本5丁目10番28-102号
代表TEL フリーダイヤル 0120-252-444
代表Email soudan119@eagle-eye.co.jp
営業時間 10:00~19:00(土日祝日対応可:要予約)
ご相談・お見積無料

熊本本店西日本リサーチ㈱加盟 内閣総理大臣認可
一般社団法人日本調査業協会会員2122 西日本リサーチ
一般社団法人九州調査業協会設立理事 西日本リサーチ(株)代表取締役 松本国隆

電話相談室 探偵調査に関するご相談は下記までお気軽にどうぞ。

  • 熊本市東区 御領
    096-389-7730
  • 熊本市西区 上熊本
    096-356-4444
  • 熊本市中央区 新市街
    0120-252-444
  • 八代
    0965-35-5552
  • 山鹿
    0968-43-0021
  • クローバー探偵
    0120-854-968

熊本の「西日本リサーチ」は歴史ある探偵社です。コストを最小限に抑え長年培った調査力にて確実に証拠を撮ります。浮気調査のご用命は熊本の西日本リサーチへ