探偵一筋35年|継続は信頼の証「西日本リサーチ」 > 盗聴器・盗撮器発見調査について > 盗聴に関する法律

盗聴に関する法律

投稿日:2014/04/26

盗聴器はコンセント周辺など電気周りに仕掛けられやすいのですが、これは電気を無断で使用したことになり、「電気窃盗」の罪に問われます。他にも電話回線に盗聴器を設置した場合は電気設備に勝手に細工を加えたこととして罪に問われます。

盗聴・盗撮は、それ自体を取り締まる法律が未だに制定されていません。前述の理由から「盗聴」は現行法の「電波法」「電気通信事業法」「有線電気通信法」で対処することになります。しかし盗聴・盗撮行為は何よりも個人のプライバシーを侵害する悪質な犯罪だといえます。

盗聴に関連して以下の事例になった場合は犯罪となります。
断りなく他者の住居施設への侵入【住居侵入罪】
有線通信の盗聴【有線電気通信法違反】【電気通信事業法違反】
特定の相手方への無線通信を傍受し、知りえた事実を他者に漏らす【電波法違反】
付きまとい【ストーカー規制法違反】
他者からの電気供給(盗電)による盗聴器機能の持続【窃盗罪】
盗聴器が使用する無線送信電波が、その周波数の使用を禁止されている場合、あるいは制限を超えた電波出力を発生するもの【電波法違反】

※無線通信自体を聴く傍受は違法ではない(無線自体が部外者にも聴かれる事を前提としている為)。また、贈り物などプレゼントに盗聴器を仕掛ける手口の違法性は無許可での無線送信をしていない場合は迷惑行為となる可能性があります。

西日本リサーチへ。まずは無料相談を

探偵調査をお考えの方へ。まずは無料相談を

探偵調査なら西日本リサーチへ。
まずはお悩みやお困りごとを詳しくお聞かせください。
そのうえで、調査方法の検討および御見積を行います(無料)
完全予約制となりますのでまずはお電話にてご予約をお願いいたします。

西日本リサーチグループ
熊本 本店 熊本市中央区南熊本5丁目10番28-102号
代表TEL フリーダイヤル 0120-252-444
代表Email soudan119@eagle-eye.co.jp
営業時間 10:00~19:00(土日祝日対応可:要予約)
ご相談・お見積無料

熊本本店西日本リサーチ㈱加盟 内閣総理大臣認可
一般社団法人日本調査業協会会員2122 西日本リサーチ
一般社団法人九州調査業協会設立理事 西日本リサーチ(株)代表取締役 松本国隆

電話相談室 探偵調査に関するご相談は下記までお気軽にどうぞ。

  • 熊本本店
    096-363-7200
  • 熊本市東区 御領
    096-389-7730
  • 熊本市西区 上熊本
    096-356-4444
  • 熊本市中央区 新市街
    0120-252-444
  • 八代
    0965-35-5552
  • 山鹿
    0968-43-0021
  • クローバー探偵
    0120-854-968

「探偵西日本リサーチ熊本」は歴史ある探偵社です。コストを最小限に抑え長年培った調査力にて確実に証拠を撮ります。浮気調査のご用命は熊本の西日本リサーチへ