探偵一筋35年|継続は信頼の証「西日本リサーチ」 > ストーカー対策調査について > ストーカー規制法

ストーカー規制法

投稿日:2019/10/05

ストーカーとは、特定の相手に対し、つきまといや待ち伏せなどの行為を繰り返す人や、執拗に追いかけ回す人のことを指します。

そんなストーカー被害にあわれている方、ストーカーかもしれないと思われている方は、法律として、「ストーカー規制法」があることを知ってください。

「ストーカー規制法」とはストーカー行為を規制する法律です。

ストーカー行為は、つきまとい行為を反復して行うことをいいます。

つきまとい行為とは、以下のように定義されています。

ただし、この法律の規制対象となる「つきまとい等」とは、上で紹介した「ストーカー」の定義とは異なり、「特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する」ことを目的にする行為に限られます。
ストーカー行為は以下の8種類に分類されます。
1.自宅・職場などでの、つきまとい・待ち伏せ・押しかけ等
2.監視していると告げる行為(行動調査など)
3.面会・交際の要求
4.乱暴な言動
5.無言電話・膨大な着信、FAX又は電子メールを送信する行為
6.汚物・動物の死体等の送付等
7.名誉を害する事項の告知等
8.性的羞恥心を侵害する物品等の送付等

上記1~4については、「身体の安全、住居等の平穏若しくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせるような方法により行われる場合」に限られます。

ストーカー行為をされた方は、まず、最寄りの警察署・警察本部に相談して下さい。

被害者からの申出があれば、警察は相手に対し、「つきまとい等」を繰り返してはならないことを警告することになっています。

また、相手方が警告に従わない場合には、都道府県公安委員会がストーカー行為禁止命令を行います。

さらに、相手を告訴して警察に処罰を求めることもできます。

ストーカー行為を続けた場合や、警察の警告にも従わず、つきまとい行為を続けた場合には、刑罰が課されます。

具体的には
ストーカー行為をした者は、6カ月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられます(ただし、被害者からの告訴が必要です)
都道府県公安委員会のストーカー行為禁止命令に違反してストーカー行為を継続した場合は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金が課されます。

禁止命令等に違反した者は、50万円以下の罰金が課されます。

このような法律があることを覚えておくと、いざというときに役立ちます。
*******************************************************
熊本でのストーカー調査は「西日本リサーチ」までご連絡下さい。
熊本市中央区南熊本5丁目10番28号 1階
0120-252-444
https://eagle-eye.co.jp
********************************************************

西日本リサーチへ。まずは無料相談を

探偵調査をお考えの方へ。まずは無料相談を

探偵調査なら西日本リサーチへ。
まずはお悩みやお困りごとを詳しくお聞かせください。
そのうえで、調査方法の検討および御見積を行います(無料)
完全予約制となりますのでまずはお電話にてご予約をお願いいたします。

西日本リサーチグループ
熊本 本店 熊本市中央区南熊本5丁目10番28-102号
代表TEL フリーダイヤル 0120-252-444
代表Email soudan119@eagle-eye.co.jp
営業時間 10:00~19:00(土日祝日対応可:要予約)
ご相談・お見積無料

熊本本店西日本リサーチ㈱加盟 内閣総理大臣認可
一般社団法人日本調査業協会会員2122 西日本リサーチ
一般社団法人九州調査業協会設立理事 西日本リサーチ(株)代表取締役 松本国隆

電話相談室 探偵調査に関するご相談は下記までお気軽にどうぞ。

  • 熊本本店
    096-363-7200
  • 熊本市東区 御領
    096-389-7730
  • 熊本市西区 上熊本
    096-356-4444
  • 熊本市中央区 新市街
    0120-252-444
  • 八代
    0965-35-5552
  • 山鹿
    0968-43-0021
  • クローバー探偵
    0120-854-968

「探偵西日本リサーチ熊本」は歴史ある探偵社です。コストを最小限に抑え長年培った調査力にて確実に証拠を撮ります。浮気調査のご用命は熊本の西日本リサーチへ