探偵一筋35年|継続は信頼の証「西日本リサーチ」 > (3) 探偵と法律の関係 > 民事に関する > 夫婦財産契約

夫婦財産契約

投稿日:2015/01/14

離婚の際に財産分与というかたちでお金や物などの財産が支払われることが多いです。財産分与は離婚の際にもともと2人の財産であったものを分けることですので、非常にもめるケースが多くなります。
離婚問題が過激になっている今、夫婦財産契約というものが密かに注目されています。
結婚前、自分の名で得た財産は特有財産となり自由に使用・処分ができます。では結婚後はどうなのでしょうか。
実は結婚後に自分の名で取得した財産は特有財産になりますので、共働きの夫婦がそれぞれの勤務先で受け取る給与は特有財産となります。
これに対し結婚後に取得した財産で、どちらに属するか明らかでないものについては夫婦の共有になるとされています。夫婦が受け取った給与はまずそれぞれの特有財産となります。そこから生活費用の預金口座や財布に移された時点で共有財産となります。そして、その生活費で購入したものについては、どちらに属するか不明ですので共有財産となります。
財産分与ではこの曖昧な部分がトラブルになっています。
夫婦財産契約とは民法上で定められている特有財産、共有財産、推定共有財産に従わず自由に財産関係を定めることができる契約です。これにより、夫婦でありながらも自立して生活していきたいという人や、結婚前の財産を夫婦共有にしたり、結婚後の夫婦が受け取る給与を最初から共有にすることもできます。
しかし、この夫婦財産契約の登記は年間約10件ほどです。婚姻数に対する比率は0.0015%です。過去10年間では63件のみです。ではなぜ少ないのでしょうか。それは、厳しすぎなんです。この契約は婚姻届の届出までに登記をしなければ主張できません。そして、婚姻届の提出後は変更できません。
つまり、結婚前に締結しなければならなく、結婚してしまうと内容の変更はできません。長い結婚生活のスタート時点で色々判断することは難しいと思います。
この契約をしなくても、結婚前に話し合っておきましょう。
結婚調査、離婚問題へのご相談は熊本の探偵「西日本リサーチ」が無料にて承っております。お気軽にご相談下さい。

西日本リサーチへ。まずは無料相談を

探偵調査をお考えの方へ。まずは無料相談を

探偵調査なら西日本リサーチへ。
まずはお悩みやお困りごとを詳しくお聞かせください。
そのうえで、調査方法の検討および御見積を行います(無料)
完全予約制となりますのでまずはお電話にてご予約をお願いいたします。

西日本リサーチグループ
熊本 本店 熊本市中央区南熊本5丁目10番28-102号
代表TEL フリーダイヤル 0120-252-444
代表Email soudan119@eagle-eye.co.jp
営業時間 10:00~19:00(土日祝日対応可:要予約)
ご相談・お見積無料

熊本本店西日本リサーチ㈱加盟 内閣総理大臣認可
一般社団法人日本調査業協会会員2122 西日本リサーチ
一般社団法人九州調査業協会設立理事 西日本リサーチ(株)代表取締役 松本国隆

電話相談室 探偵調査に関するご相談は下記までお気軽にどうぞ。

  • 熊本本店
    096-363-7200
  • 熊本市東区 御領
    096-389-7730
  • 熊本市西区 上熊本
    096-356-4444
  • 熊本市中央区 新市街
    0120-252-444
  • 八代
    0965-35-5552
  • 山鹿
    0968-43-0021
  • クローバー探偵
    0120-854-968

「探偵西日本リサーチ熊本」は歴史ある探偵社です。コストを最小限に抑え長年培った調査力にて確実に証拠を撮ります。浮気調査のご用命は熊本の西日本リサーチへ