探偵一筋30年|継続は信頼の証「西日本リサーチ」 > お知らせ&新着情報 > 古代から鎌倉時代までの離婚問題

古代から鎌倉時代までの離婚問題

投稿日:2019/12/23

古代では、恋愛はきわめて自由であり、結婚したという概念も特になく、男女の関係は対等でした。
平安時代には、夫が妻の実家に会いに行く「通い婚」を経て、同居するのが一般的でした。
しかし、通い婚は妻にとってはなかなか辛いものです。妻はひたすら待つだけで、夫が訪ねてこなくなれば、離婚しなければなりませんでした。
夫が愛人をつくっても、泣き寝入りするしかなかったそうです。
鎌倉時代になると、家父長制の成立に伴い、女性の地位が低下してきました。
妻が夫の家に嫁入りするようになります。この習慣は武士から始まって、徐々に社会全体へ広がりました。
嫁入りをするようになると、妻は夫の所有物と考えられるようになり、妻の不倫は夫への反逆として、厳しく罰せられます。

また、女性は夫を自分の意思で選べませんでした。武家の結婚は政略結婚。相手を「味方につける」あるいは「油断させる」ために結婚が決められ、愛情や人柄で相手を選ぶことが
出来ませんでした。
このように自由恋愛から男尊女卑に変わっていってしまったのが、古代から鎌倉時代にかけてです。
ここから徐々に男性と女性との差がなくなり、法律によって、結婚や離婚ができるようになっていきます。
今の時代は法がありますので、少しでも結婚生活について悩まれた是非とも西日本リサーチ(株)にご相談ください。
*******************************************************
ご相談は「西日本リサーチ」までご連絡下さい。
熊本市中央区南熊本5丁目10番28号 1階
0120-252-444
http://eagle-eye.co.jp
********************************************************

西日本リサーチへ。まずは無料相談を

探偵調査をお考えの方へ。まずは無料相談を

探偵調査なら西日本リサーチへ。
まずはお悩みやお困りごとを詳しくお聞かせください。
そのうえで、調査方法の検討および御見積を行います(無料)
完全予約制となりますのでまずはお電話にてご予約をお願いいたします。

西日本リサーチグループ
熊本 本店 熊本市中央区南熊本5丁目10番28-102号
代表TEL フリーダイヤル 0120-252-444
代表Email soudan119@eagle-eye.co.jp
営業時間 10:00~19:00(土日祝日対応可:要予約)
ご相談・お見積無料

熊本本店西日本リサーチ㈱加盟 内閣総理大臣認可
一般社団法人日本調査業協会会員2122 西日本リサーチ
一般社団法人九州調査業協会設立理事 西日本リサーチ(株)代表取締役 松本国隆

電話相談室 探偵調査に関するご相談は下記までお気軽にどうぞ。

  • 熊本本店
    096-363-7200
  • 熊本市東区 御領
    096-389-7730
  • 熊本市西区 上熊本
    096-356-4444
  • 熊本市中央区 新市街
    0120-252-444
  • 八代
    0965-35-5552
  • 山鹿
    0968-43-0021
  • クローバー探偵
    0120-854-968

「探偵西日本リサーチ熊本」は歴史ある探偵社です。コストを最小限に抑え長年培った調査力にて確実に証拠を撮ります。浮気調査のご用命は熊本の西日本リサーチへ