探偵一筋35年|継続は信頼の証「西日本リサーチ」 > お知らせ&新着情報 > 証拠になりえるもの

証拠になりえるもの

投稿日:2019/10/12

最近では、「保育士が子どもに暴行しているかもしれない」という事で、子どもにボイスレコーダーを持たせた事件がニュースになりました。

音声の証拠としての考えた場合お電話などで「この会話は録音されています。よろしいでしょうか。」と、同意を求められたことがある人もいるかと思います。

また、不倫や浮気の証拠を掴むために、盗聴器を設置される方もいらっしゃいます。

このような方法で録音された会話は、果たして証拠として使えるのかと疑問に思われた方は多いのではないでしょうか?

① 刑事裁判だと違法収集証拠という原則があり、違法な方法で集められた証拠は、裁判で提出できないと決められています。

理由は警察や検察が違法に集められた証拠が使えるようになると、冤罪が増える可能性が高くなるからです。

しかし、離婚や不貞行為の慰謝料請求などの民事訴訟では必ずしもそうではありません。

民事訴訟手続で違法に集められた証拠として盗聴録音データなどが問題となります。

刑事裁判の違法収集証拠とは違い、民事訴訟の違法収集証拠とされるのは「その証拠が、著しく反社会的な、手段を用いて人の精神的肉体的自由を、拘束する等の人格権侵害を伴う方法によって採集されたもので、ある時は証拠能力を否定されてもやむを得ない」としています。

例えば相手との会話を相手の同意なく、こっそりICレコーダーやスマホで録音した場合、その録音データは証拠として使えます。

しかし、相手の家に忍び込んで盗聴器を仕掛け、その録音したデータを証拠として使うという場合は別です。

この場合、他人のプライバシーや住居権を侵害する方法(犯罪にもなります)で得られた証拠なので、裁判所に証拠として出すことができません。

自分の身を守るためや、相手の不正、浮気などを明るみに出すための証拠収集として、ある程度のマナーやモラルを破る分(相手との会話を無断で録音など)には問題ないみたいですが、法律に触れてしまうほどの感激な方法は駄目ということですね。
*******************************************************
熊本での浮気調査は「西日本リサーチ」までご連絡下さい。
熊本市中央区南熊本5丁目10番28号 1階
0120-252-444
http://eagle-eye.co.jp
********************************************************

西日本リサーチへ。まずは無料相談を

探偵調査をお考えの方へ。まずは無料相談を

探偵調査なら西日本リサーチへ。
まずはお悩みやお困りごとを詳しくお聞かせください。
そのうえで、調査方法の検討および御見積を行います(無料)
完全予約制となりますのでまずはお電話にてご予約をお願いいたします。

西日本リサーチグループ
熊本 本店 熊本市中央区南熊本5丁目10番28-102号
代表TEL フリーダイヤル 0120-252-444
代表Email soudan119@eagle-eye.co.jp
営業時間 10:00~19:00(土日祝日対応可:要予約)
ご相談・お見積無料

熊本本店西日本リサーチ㈱加盟 内閣総理大臣認可
一般社団法人日本調査業協会会員2122 西日本リサーチ
一般社団法人九州調査業協会設立理事 西日本リサーチ(株)代表取締役 松本国隆

電話相談室 探偵調査に関するご相談は下記までお気軽にどうぞ。

  • 熊本本店
    096-363-7200
  • 熊本市東区 御領
    096-389-7730
  • 熊本市西区 上熊本
    096-356-4444
  • 熊本市中央区 新市街
    0120-252-444
  • 八代
    0965-35-5552
  • 山鹿
    0968-43-0021
  • クローバー探偵
    0120-854-968

「探偵西日本リサーチ熊本」は歴史ある探偵社です。コストを最小限に抑え長年培った調査力にて確実に証拠を撮ります。浮気調査のご用命は熊本の西日本リサーチへ