探偵一筋35年|継続は信頼の証「西日本リサーチ」 > 行方不明・所在調査について > 行方不明調査と日本の現状

行方不明調査と日本の現状

投稿日:2016/02/29

image

日本では失踪、行方不明者捜索に対して消極的な文化があります。海外では、行方不明者が出た場合にはラジオ放送で呼び掛けが行われたり、SNSが情報提供を促す広告を出したり、公共料金請求書に情報提供のチラシが同封されていたりします。こうした取り組みは欧米各国だけで行われているだけなのですが、世界有数の経済大国である日本だけ、なぜ行方不明者の捜索に積極的ではないのでしょうか?

日本が行方調査に積極的で無いのは失踪の理由に犯罪が関係していない事が大きな原因のひとつと言われています。日本が行った平成27年度版の行方不明者の統計によれば、犯罪関係のために失踪した人間は556人であり、全体のたった0.7%となっています。

日本では殆ど誘拐・拉致事件が発生しないという現状があるためです。もしも小学生以下の児童が行方不明になった場合には積極的な捜査活動が行われますが、青年以上の人間が行方不明となった場合には、積極的な操作活動はほぼ期待できません。

また、このような考えは警察だけでなく、国民も同じで、児童の失踪ならば積極的に協力するけれども、行方不明者の大半を占める青年以上の失踪は事件性が薄いと積極的な協力を行おうとはしません。

探偵が行方不明者を捜索することはできますが、それは探偵が様々な手法を用いて、多くの人間からの情報提供を促しているにすぎません。日本も失踪者を見つけ出せるよう国民が動かなければいけません。

西日本リサーチへ。まずは無料相談を

探偵調査をお考えの方へ。まずは無料相談を

探偵調査なら西日本リサーチへ。
まずはお悩みやお困りごとを詳しくお聞かせください。
そのうえで、調査方法の検討および御見積を行います(無料)
完全予約制となりますのでまずはお電話にてご予約をお願いいたします。

西日本リサーチグループ
熊本 本店 熊本市中央区南熊本5丁目10番28-102号
代表TEL フリーダイヤル 0120-252-444
代表Email soudan119@eagle-eye.co.jp
営業時間 10:00~19:00(土日祝日対応可:要予約)
ご相談・お見積無料

熊本本店西日本リサーチ㈱加盟 内閣総理大臣認可
一般社団法人日本調査業協会会員2122 西日本リサーチ
一般社団法人九州調査業協会設立理事 西日本リサーチ(株)代表取締役 松本国隆

電話相談室 探偵調査に関するご相談は下記までお気軽にどうぞ。

  • 熊本本店
    096-363-7200
  • 熊本市東区 御領
    096-389-7730
  • 熊本市西区 上熊本
    096-356-4444
  • 熊本市中央区 新市街
    0120-252-444
  • 八代
    0965-35-5552
  • 山鹿
    0968-43-0021
  • クローバー探偵
    0120-854-968

「探偵西日本リサーチ熊本」は歴史ある探偵社です。コストを最小限に抑え長年培った調査力にて確実に証拠を撮ります。浮気調査のご用命は熊本の西日本リサーチへ